最新情報

News

パラジェルとは?

About

製品情報

Product

使い方

How to

エデュケーター

Educator

メンバーズ

Members

コレクション

Collection

よくある質問

Q&A

会社概要

Company

採用情報

Recruit

ご購入方法

How to Buy

取扱いサロン

Salon List

アカデミー

Academy

Q&A

保管・撹拌(ミキシング)について注意点などありますか?

保管について

※ジェルは日光が当たらず、温度変化の少ない冷暗所で保管しましょう。
※ 直接爪に施術するものであるため、古いジェルは使用しないようにしましょう。
※ 長時間ジェルの蓋を開けたままにしないようにしましょう。 照明などがジェルに当たると、ジェルの品質に影響を与える可能性があります。
※ LEDライトの前には、ジェルや筆を置かないでください。

撹拌(ミキシング)について

※ ジェルを攪拌(ミキシング)する際は、先端が鋭利な物で容器の底を引っかかないよう優しく混ぜてください。(容器の底に傷が付いたり、削れてしまう場合があります

通常どのくらいもちますか?

爪の状態によりますが、健康な爪であれば通常3週間~1ヶ月程度です。リフトしていない場合も、リペアやオフをせずに1ヶ月以上放置すると爪のトラブルの原因となりますので、お気を付けください。

リペアやフィルインは可能ですか?

可能です。

本当にサンディングをしなくてもよいのですか?

サンディングは不要です。表面を削ることなくトッププレートに定着します。但し、トッププレートが無くなっている状態や爪が傷んでいる状態、または薄い状態等により施術が異なりますので、ディプロマコースの受講や施術行程をご理解頂いた上でのご使用をオススメします。

ナチュラルラインとアートラインの違いは?

○ナチュラルライン
ポリッシュのような柔らかさで、セルフレベリングが早く自然な仕上がりが特徴です。

○アートライン
粘度が高く、にじみがないので、繊細なアートが可能です。また、抜群の発色の良さでジェルアートの施術に最適です。

ジェルはどのように使い分けるのですか?

○ベースジェルについて
・クリアジェル:基本のベースジェルとして使用して頂きます。薄付きでセルフレベリングが早く、操作性が 抜群です。ダメージがある爪の方にもおすすめです。

・アートクリアジェル:フィルインに適しています。また、爪に凹凸のある方、少し厚みを付けたい方にもおすすめです。

・クリアジェルEX:水仕事が非常に多い方やリフトしやすい方にお使いください。粘度が高いので流れにくく、厚みや強度を出すことも可能なのでフィルインにも向いています。
※密着力が高いためオフがしづらくなる事があります。

○トップジェルについて
トップジェル:粘度が低いため、自然な厚みでツヤを維持します。

アートトップジェル:粘度が高いので小さいストーンの固定や、アートの凹凸を埋める際にもご使用頂けます。

○スカルプジェルについて
スカルプジェル:フリーエッジの形成。フローターの厚み出しに最適です。ネイルベットの1/3から2/3程度の長さ出しができます。

スーパースカルプジェル:ハードジェル並の硬さで強度もあり、約1㎝程度しっかり長さを出すことが出来ます。それ以上長さ出しをされる場合はストレスポイントへの負荷がかかってしまう為、厚みと強度をさらに付ける必要がございます。

カラージェルを混ぜて使うことはできますか?

パラジェル同士は混ぜていただいて問題ありません。ナチュラルライン・アートラインのジェル同士も混ぜてお使いいただけますが、ジェルの硬さが違いますので混ぜ合わせた際に粘度が変わります。

他社のライトで硬化しますか?

UVライトで硬化すると、カラーによって硬化速度にばらつきがあるので推奨出来ません。また、LEDライトも種類によっては、硬化速度が早すぎて硬化熱が出る事がありますので推奨出来ません。

蛍光灯等でジェルが硬化してしまいますか?

太陽光が当たる場所や、デスクライトの下で容器のふたを開けたまま長時間放置すると硬化します。また、窓際での施術にはご注意ください。ご使用時にはふたを開けたままにせず、ご使用後も光の当たらない涼しい場所に裏返しにせず保管ください。

パラジェルのLEDライトの波長は?

380nm~420nmの間です。(紫外線:380nm以下)

パラジェルのLEDライトで日焼けはしますか?

日焼けの心配はありません。

UVライトとLEDライトの違いはなんですか?

UVライトの光は紫外線で拡散・反射して進みます。LEDライトの光は可視光線で直進します。また、光の伝達が早いため硬化も早くなります。ただし光の分散・反射はしないので、爪の表面だけではなく、裏面や側面にもライトが当たるように指をまっすぐ上に向けてライトに入れてください。また、UVライトの寿命は約3,000時間に対し、LEDライトは約40,000時間とUVライトの約10倍以上です。硬化時間も1/4~1/6と短縮されます。

パラジェルのLEDライトでUVジェルは硬化しますか?

ジェルにより硬化するもの、硬化したように見えるものがございます。お使いいただくことにより、どのような影響が出るかは弊社では保証出来かねますので、推奨致しておりません。

他社のライトで硬化しますか?

UVライトで硬化すると、カラーによって硬化速度にばらつきがあるので推奨出来ません。また、LEDライトも種類によっては、硬化速度が早すぎて硬化熱が出る事がありますので推奨出来ません。

規定時間ライトに入れてもジェルが硬化しません。ライトの故障でしょうか?

塗布量が多い場合がございます。多く塗布してしまうと硬化不全を起こすことがございます。 塗布量を調節しても硬化しない場合は、ライトの照射が弱まっている場合がございますので、弊社修理担当宛にご連絡ください。

ネイルセレクト修理担当:078-221-1003
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通6-1-3神戸新井ビル8F

パラジェルのLEDライトの寿命はどのくらいですか?

半永久的ではありません。照射が弱まった状態でジェルを硬化すると、硬化不全を起こす場合がございます。1年を目安に照射点検していただくことをおすすめ致します。

先端から欠けて来たり層になって剥がれたのですが

爪が傷んでいる状態や、爪が薄くなっている状態に、仮プレート(土台)を作らず施術を行うと欠ける可能性があります。仮プレートを作り施術を行って下さい。また、ベースジェルが均一に塗られていないと、健康で厚みがある爪でも欠けてしまう場合があります(エッジ部分までしっかり巻き込むように塗布してください)。
1度に厚く塗られた場合も硬化不良となりますので、厚みを出す際は、何度かに分けて塗布してください。施術途中で未硬化ジェルを拭き取った場合も剥がれやすくなります。パラクリーナーでのワイプアウトは最後のみにしてください。

根元から欠けて来たのですがなぜですか?

キューティクルにジェルが付いてしまうと、浮きの原因となります。また、キューティクルラインのジェルが厚いと浮きやすく剥がれやすくなります。さらに、プレパレーションの際にルースキューティクルが残っていたり、パラプレップでしっかり水分・油分を除去していない場合も浮きの原因になります。

未硬化ジェルを拭取った際、曇るのはなぜですか?

LEDライトがしっかり当たっていない場合や、トップジェルの量が少な過ぎる場合、硬化不良が起こり曇りの原因となります。また、キッチンペーパー等蒸発しやすいものではなく、たっぷりパラクリーナーを含ませたワイプ等で拭き取ってください。エアコンの風が直接当たり蒸発・乾燥している場合も注意が必要です。併せてトップジェルの量も確認してください。

カラージェルがムラになってしまいました。

ポリッシュを塗る際と同様に、いきなりキューティクルラインから塗らず、 キューティクルラインの手前にジェルをのせ、優しくキューティクルラインへ押し込んでください。キューティクルラインにジェルのたまりができにくくなります。その後、ブラシを立てずに優しくフリーエッジ方向へ引いてください。サイドも厚みが出ないように塗ってください。ムラはジェル量で調整しないようにしてください。厚塗りの原因となり硬化不良となります。

自爪が薄いので、薄付きだと気になります。

厚みを出す場合は、1度目のクリアジェルを塗布後、アートクリアジェルまたはクリアジェルEXで仮プレート(土台)を作ってください。ただし、ジェルを一度に厚く塗ると、硬化不良の原因となります。

爪の切り方はどうすればよいですか?

ファイルで長さ・形を整えた後、ジェルを付け替えることをオススメします。くれぐれも爪切りで切らないでください。爪の上に付いているジェルにも負荷が掛かり、割れたり先端に巻き込んでいるジェルがなくなり、剥がれの原因となります。

オフの方法と、時間はどのくらいかかりますか?

傷んでいる爪の方と健康な爪の方では、オフの仕方が変わります。カラージェルをクリアジェルが残る部分までファイルで取り除き、パラリムーバーを含ませたコットンをアルミホイルで巻きます。 [傷んでいる爪の方]は20分、[健康な爪の方]は10~15分放置して下さい。その後、キューティクルリムーバーとメタルプッシャーを用いて優しく取り除いてください。 ※『UTSUMI×para gelプッシャー』を使用するとスムーズです。 ※パラリムーバーは揮発しやすいので、放置時間の途中でアルミホイルを開いて空気に触れてしまうと効果が半減します。

塗布後20分程でオフできないのはなぜですか?

爪が傷んでいる状態や、前回サンディングをしてトッププレートが無くなっている状態等にパラジェルを塗布すると、オフがしづらくなることがあります。また、ジェルがかなり厚めに付いている場合もオフがしづらくなります。

爪の表面に点状のジェルが残っている時は?

サンディングせずにキューティクルリムーバーを塗布し、メタルプッシャー等で優しく取り除いてください。

オフできない時はどうすればよいですか?

パラリムーバーは揮発するので、再度コットンに含ませてアルミホイルを巻き、更に10分程度時間を置いてください。その後キューティクルリムーバーを塗布し、メタルプッシャー等でジェルを優しく取り除いてください。くれぐれも削り取ったり、プッシャーで無理に剥がすようなことはしないでください。また、リムーブカバーを使用するとオフの時間が早くなります。

パラプレップで隅々まで拭き取られていますか?

パラプレップでキューティクルの溝までしっかり拭き取れていない場合、キューティクルリムーバーが爪に残っていたり、油分が爪に付着していることがあり、リフトしやすくなります。ワイプを小さく折り、厚みをつけて隅々まで拭き取ってください。

甘皮やルースキューティクルの処理は?

プッシャーで押し上げる際に、ムラになっているとキューティクルラインが崩れてしまいます。プッシュアップをした後、必ず水で洗い流してください。

ベースジェルに塗りムラはありませんか?

筆が爪と平行に動いていないと、押しつけてジェルを塗布している状態となり、表面にムラが生じやすくなります。また、爪が傷んでいたり、過度のサンディングによりボコボコしている場合にも、塗りムラができやすくなります。爪の表面にツヤが出る程度でクレーターができないように塗布してください。必要に応じてクリアジェルを1度硬化させた後、2度塗りしてください。

皮膚へはみ出していませんか?

筆に取ったジェルの量が多いと、キューティクルへはみ出し、皮膚に付着することがあります。ジェルが皮膚に付着している場合、そこからジェルが浮いてきて、爪の上まで力が加わり剥がれる場合があります。ライトに当てる前に、必ずはみ出していないか確認してください。はみ出している場合は、ウッドスティック等で取り除いてからライトに入れてください。

エッジ(爪の先端)まで塗られていますか?

クリアジェルが先端まで塗られていないと、その後のカラージェルやトップジェルのコーティングが不完全なものになります。必ず、エッジにもジェルを筆で巻き込み、塗布されているか先端から見て確認しましょう。

1度に厚塗りしていませんか?

1回の塗布量が多いと、光がジェル内側まで届かず、一見硬化しているように見えても硬化不良の場合があります。その際、2~3日後に剥がれてしまいます。1回の使用量の目安は、パラブラシ片面半分程度です。基本の塗り方、量は守って塗布してください。

途中でお客様が爪の上を触られてはいませんか?

油分・ホコリ・水分が付いているとジェルが定着しにくく、浮きの原因となります。施術途中にお客様が爪の上を触られた際は再度パラプレップで爪の表面を拭き取ってください。

LEDライトはしっかり当たっていますか?

LED光は直線的な光です。反射等もしないため、下記のような爪の方にはご注意ください。

・爪にカーブがある方・巻爪の方⇒ライトの中で左右に回転させてください。
・フリーエッジの長い方⇒手のひらを上に向けエッジも当ててください。
・爪が短い方⇒指先にジェルがはみ出さないように塗りましょう。
・先端が下がっている爪の方⇒爪先をライトに向け軽く上げてください。
・爪が真上を向かない方⇒指を傾けていただくか、ライトを傾けてください。

*5本一緒にライトに入れると親指の一部に光が当たりにくくなります。親指は単独でライトに当ててください。
*ライトに当てる際は指先を軽く開き、隣の指同士が影をつくらないようにしてください。硬化していてもツヤがなくなる場合があります。